人間関係を築く、メルマガ

HOME  みとめ3原則とは?  みとめの実践報告  メールマガジン  みとめの教材  みとめの勉強会


いい人間関係を築く、メルマガバックナンバー

■ 仕事の奴隷から脱出する方法

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

本日のテーマ : 仕事の奴隷から脱出する方法  

【Q】「やらねば」が「やりたい」に変わる!というのと「みとめの3原則」はどんな関係があるんですか? ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ありがとうございます!!! みなさんに協力いただけたおかげで このメルマガの 新しいタイトルが決定しました!

これです!  

↓ 

↓ 

「やらねば」が「やりたい」に変わる!みとめの3原則

↑ 

一人でずっと考えると行き詰るものですけど 今回のように周りの人に協力してもらうと

・楽しく ・スッキリ ・納得のタイトルが ・短期間で 完成してしまうんですね!!

ありがとうございます! 感謝!感謝!!感謝です!!!

-----------------------------------------------------------------------

【Q】「やらねば」が「やりたい」に変わる!というのと「みとめの3原則」はどんな関係があるんですか?

【A】さすがスルドイですね!    それには、こんな関係があるんです

●「今週中に契約を取らないと…」 「今日中に仕事を片付けなければ…」 「原稿を明日までに書き上げなければ…」 こんな感じで もう毎日毎日「やらねば」の連続です。 その「やらねば」を片付けたとしても また次の「やらねば」が またどんどん現われてきます。

●私にとっての「やらねば」は これ↓ 「原稿を明日までに書き上げなければ…」 毎週ある業界紙に コラムを書いています。 もうかれこれ3年間 書き続けています。 最初は喜んで 書いたんですけどね。 それがいつの間にか 「やらねば」に…

●「仕事の奴隷になるんじゃなくて  仕事を楽しまないと!」 いつもモエル塾メンバーには こう言っておきながら 自分が「仕事の奴隷」になっていることに 気がついたんです。 「やらねば」=「仕事の奴隷」 では、どうしたら 「やらねば」が「やりたい!」の 仕事を楽しむ状態になれるのか? この答えは 「みとめの3原則」にあるんです。 この世の中すべての問題解決は 「みとめの3原則」にあると 私は思っています。

●「やらねば」の何を「みとめる」というの?? 「みとめる」の反対側にあるのは 「恐れ」です。 じゃ私は、原稿書きの 何に恐れているのか 心の中を覗くと―― ・面白い内容が書けなかったらどうしよう… ・締切りに間に合わなかったらどうしよう… ・原稿書に時間を取れられ他の仕事ができない… この自分の気持ちを 見て見ぬふりをするのではなく しっかりと「見とめる(受け止める)」 ゆっくり深呼吸をして ちゃんと「見とめる」と 不思議なもので ちょっと落ち着いた気持ちになるんです。

●そして この3つの後ろ向きの気持ち 一つひとつに 次の質問をします。 「じゃ、どうする?」 そこでひらめいたのが 「メルマガの使い回しをする」こと。 そうすると 「締切りに間に合わなかったらどうしよう…」 の問題がきれいサッパリ解決できるんです。 もちろん メルマガをそのまま使い回しをするのではなく 修正していきます。

●自分のメルマガを 初めて修正してみると これが意外と楽しい! 修正して行くと どんどん面白い文章になって行くんです。 (あくまでも自己満足ですけど) 楽しく書いていると なんと! 今までかかっていた半分の時間で 原稿が完成!!

●気がつけば ・面白い内容が書けなかったらどうしよう… ・締切りに間に合わなかったらどうしよう… ・原稿書に時間を取れられ他の仕事ができない… この3つの問題すべてが 「見とめる」ことをしただけで解決。 すっかり原稿を 書き始めたときにの気持ちに… いや、それ以上に原稿書きが 楽しくなったではないですか!! 「やらねば」ものを 「みとめの3原則」を実践することで 「やりたい」に変わる理由がここにあるんです!(^0^)/

■「みとめ」のチェックポイント 『「やらねば」を「みとめる」と「やりたい!」に変わる』




★質問・感想はこちらまで → kido@mitomeru.com

メルマガindexに戻る

PageTop


HOME -みとめの3原則とは? - 実践報告 - メールセミナー - 教材 - みとめる会

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。