人間関係 解消力を身につける、みとめる勉強会

HOME  みとめの3原則とは?  みとめ実践報告  メールマガジン  みとめの教材  みとめる勉強会

HOME > みとめる勉強会

考えすぎて動けない人が即行動する「自分になる」技術

ご参加いただい方の
感動の声!
●自分がやりたいことを、自分に気づく
人はなんのためにうまれてきたのか。
「人に認められたいから」
そうだと思います。自分のしたことが、相手に認めてもらえる、感謝されると言うことは、とてもよいことだと感じます。
また、認めることができなかった自分自身の姿を認めることによって、新しい自分に出会える。認めることの良さを感じました。
自分の固定観念に気づき、自分が好きな生き方、自分がやりたいことを自分に気づく。

本当に自分に気づくために、認めることは大切なのだとなぁと深く感じさせていただきました。ありがとうございます。
IT業 櫻井遼太さま


●そんな自分を
変えることができそう

今まで人によって認める事をして来ました。認めたくない人は、絶対に認めない。
認めたい人は、すばらしく認める。
そんな自分を変えることができそうです。
見とめる=受けとめる、を行動してみようと思います。ありがとうございました。
保険代理店 和田正さま



自分の中に小さな変化を実感
本日は、このような会を開いていただきありがとうございました。
日々営業という仕事をやって行く中で、うまく行かないことが多く悩むことが多かったので本日は参加させていただきました。
改めて相手を受容することの大切さに気づかされました。
そして、知識として受け容れることは知っていても、今まで実践していない自分に気づかされました。
本当に少しですけど、自分の中に小さな変化があったと実感しています。
これからも認めることを実践していきたいと思っています。
広告業 小田創さま



●3人の方々の共通する
木戸さんの話、ナビゲーターの方々の赤裸々な話、とてもためになりました。
今回3人の方々の共通するのは、相手そして自分自身を「みとめる」こと。
簡単そうで難しい「みとめ」私も今から実践していきます。
本日は本当にありがとうございました。
人材採用支援業 久山雅司さま



●みんなに広めていきたい
何度も何度もあきらめずに続けることの大切さ
「今日は疲れてしたくないなぁ」という日も、がんばって続けていれば、すっとできるようになるんですね。
「意識するだけ」いいお話でした。
みんなに広めていきたいと思いました。
社労士 木川秀子さま



●あんなに赤裸々に人に話せる
私は「みとめの3原則」の第1段、見とめる=受けとめる、ができていませんでした。

お二人の話は、自分を、見とめる=受けとめる、ができているからこそ、あんなに赤裸々に人に話せるのだと思います。
まず自分自身を「見とめて」から第2段階の「認める」、第3段階の「皆豊める」に向いたいと思います。
ありがとうございました。
保険業 岩上誠司さま



●これからの口癖は5文字です!
みとめるポイントが人それぞれだとわかり、とても関心いたしました
人にみとめられることが、とても大事だとワークを通じてわかりました。
これからの口癖は「ありがとう」の5文字です。
幼児教育 高槻泰男さま



●日ごろ忘れていたことを思い出しました
本日は、こういった場をありがとうございます。
思いっきり認めあって勉強したという感じです。
なんとなく思っていはいるけど、日ごろ忘れていたことを思い出させていただいたセミナーであったと思います。
チーフディレクター YOさま



●みとめのワークいいですね。すばらしいです!
コンサルタントの養成としてすごい効果があると思います。
社長をみとめあることから始めないとうまくいかないので。
自営業 福田剛大さま



●前向きに生きていきたい
楽しくセミナーを受講させていただきました。
心にゆとりをもつのは、他人をみとめることの大切さを意識し、仕事も人生も前向きに生きてきたいです。
保険業 渡邉一良さま



●今日、家に帰り妻と息子に勇気をもって
本日は多くの勇気をいただきました。
ありがとうございます。
まずは今日、家に帰り妻と息子に「ありがとう」の言葉を勇気をもってかけようと思います。
小さな勇気を積み重ね、すばらしい勇気だと思いました。ありがとうございます!
ライフカウンセラー秋田俊称さま



●いかに自分が楽になるかを知りしました!
普段メルマガを拝読させていただいており「みとめ」の大切さをわかっているつもりでしたが、実際に言葉として「みとめ」の大切さを聞くことによって、いかに自分が楽になり、仕事、家庭、人生そのものがうまくいくのかを知ることができました。
ゲスト講師の方のお話も大変有意義ではありましたが、できれば木戸さん自身のお話をもっと聞いてみたかったです。大変勉強になりました。次回も参加したいと思います。ありがとうございました!!
ファナンシャルアドバイザー カズさま



●まずは家庭に使っていく
今日はありがとうございました。
人を認める実習は、頭でわかっていてもなかなかやれていないこともあり、相手のすばらしい点を見出すことを思い出させてくれました。
今日の体験をまずは家庭に使っていくことで、より夫婦関係を豊かなものにしていきたいと思います。
ありがとうございました。
セミナー講師 松橋良紀さま



●気分良かった
周りの人に自分を認めていただいるのが気分良かったです。
沈んでいた気分も少し明るくなりました。
ただ「即行動に移せる自分になる」の部分が自分の中で消化されません。
この部分は後で解消できればと考えています。
今日はありがとうございました。
企画デザイン印刷業 宮武一樹さま



●変わって行くことを実感しました!
「みとめ」ようと思うと脳の検索エンジンが「ガ〜〜〜」っと働くんですね。
短時間でも文章がかけるのにビックリしました。
さらにグループの人から思わぬお褒めの言葉をもらうとうれしいです。
この方法でつきあう人に接していけば、変わって行くことを実感しました。
ホームページ作成業 うえるさま



●喜びを味わうために最も大切なことは・・・
私はなんで仕事しているかというと、お客さんなり代理店さんなり相手の方が自分のサービス、サポートなどの結果で喜んでほしいからです。
その喜んでいる姿を見て、自分が喜んでいられる時が本当に仕事をしてよかったと思えます。
この喜びを味わうために最も大切なこと、それが「みとめる」力だと思います。
受け止め、受け入れ、受け入れ合う、すばらしいです。
損害保険業 Sさま



●意外と簡単なのだとわかってよかった!
本日は参加してとても有意義でした。ありがとうございます。
実習で実際にみとめられる体験は、素直にうれしかったです。
こんなにうれしく気持ちいいんだから、どんどん人を認めようと思います。
日ごろ人を承認しようとか、ほめようとか考えていても、何か苦手だなーと思ってました。
ただ、人をみとめようという意識だけで話の聴き方もまったく変化して集中して聴けたように感じます。
人をみとめるって意外と簡単なのだとわかってよかったです。
実生活でもやってみます。本当にありがとうございます。
保険業 宮下正敏さま


第12回「みとめる勉強会」12月5日(土)開催!

考えすぎて動けない人が
即行動力する「自分になる」技術

動けない原因はここにあった!

〜行動する自分に変わる「みとめ」ポイントのつかみ方が習得できる〜

▼日時:12月5日(土)
受付:13:30 
開演:14:00 
終了:16:30 
▼場所:東京 江東区
▼参加費:3千円(当日払い)
▼定員:18名

「自分でやりたことがあっても、いろいろ考えるだけ。お母さんに『どうせやらないんだから』と言われ、いつも悔しい思いと情け思いをしていました。それが『みとめポイント』というものを知ってから、やりたい!と思ったことにどんどんチャレンジできる自分になりました」東京都在住 NTさま 20代女性

 

今、充実してますか?


次の項目で、あなたが「これが欲しい!」というものがひとつでもありましたら
ぜひ、「みとめる勉強会」にご参加ください。

行動できないという壁を取り除き、行動力のある自分に変わるひとつの方法!

思い通りの自分になるために必要な「これだけは!」というポイントとは?

目標達成が難しいのはこれだ!スッキリ解決、明日の具体的行動がわかる!


「答えは自分の中にある」の意味が、あなたの腑に音を立てて落ちる一言

許せない自分を許せるコツがわり、ストレスが今までの10分の1になる!


きっと、明日から即、自分の取り入れられる大きなヒントを得られるでしょう!



   行動したくてもできない理由…

みんな私のことを陰で何か言っているんだろう…
ちゃんとやっていることをどうして評価してくれないんだろう…
失敗したときの周りの目が心配…
自分なりに一生懸命やっているはずが、なかなか成果につながらない…
周りの人の頼めばいいというが、果してみんなが協力してくれるだろうか…


こんな気持が行動しようとする自分に、ブレーキをかけてしまいます。

何をやるべきか、頭の中ではわかっています。

でも、それを行動に起こそうとしたとき、動けない…

今回ゲスト出演いただける小林氏も、こんな悩みを持っていました。



「本気で人生を変えたい!」

書道家の小林氏が決意したあの瞬間…

今回、今回の登場いただくゲストは、「みとめる勉強会」開催、 初のビジネスジャンルとなる書道家の小林哲也氏です。

小林氏の書に込まれたメッセージの観点や深さ独自性は、 多くの著名人から高い評価を得ています。

上場を果たした起業家は10人を生む出した起業家育成家、 福島正伸先生や、大ベストセラー「社会人で大切なことはみんなディズニーランドで教わった」 の著者、香取貴信氏も小林氏を全面的にバックアップする程です。

来年は、出版の予定もあり今度大ブレイクする書道家として注目されています。

こんな小林氏に語ってただくのは 「『本気で人生を変えたい』と思えた瞬間」です。

書道家として注目されるようになる3年前、 「凄腕合コンプロデューサー」として 外車を乗り回し、高級時計をして、合コンばかりを企画し、 波乗りやスノーボードに明け暮れていた外資系サラリーマン。

小林氏には、サーフショップの彼女がいました。 その彼女との失恋で「本気で人生を変えたい」と思った小林氏。

本気で何を変たいと考え、何を実践やり続け、書道家として成功することを実現できたのか?

12月5日(土)このすべてが明かされます!

お楽しみに!!



「仕事ってものは苦しいもの!」

この親父の言葉に反抗したものの・・・


木戸一敏今回、私、木戸一敏が話をさせていただくテーマは、 「20年経って見つけた、自分の本当にやたいこと」です。

中1のとき、伝説のロックバンド 「ディープパール」を聴いて衝撃を受けてから エレキギターにのめり込みました。

中2のとき「将来は、ロックバンドで食っていこう!」と 決めた私は、もう勉強をする必要は一切ないと 机を捨てました

母は涙を流して悲しみ、父は無言。怒りを通り越していました。 その日から宿題もテスト勉強も一切やらず、 ただひたすらロックを聴いて、ギターを弾きました。

高校に進学したとき 「もう勉強をする必要はない」と決めたはずなのに、 高校にいる矛盾に気づき1年生の秋に中退。 アルバイトでお金を貯めて翌年春に上京。

理想としていた、 朝起きてから寝るまでずっと音楽漬けの生活が実現しました。

生計を立てるために していた短時間のアルバイト。しかし、 いつも対人関係がうまく行かず 職を転々としていました。

ライブハウスやアマチュアロックバンドコンテストに出るものの、 何も根は出ず、あっという間に10年が経ったときでしす。上京するとき親父に言われた言葉を思い出しました。

「バンドで飯を食うなんてふざけたことを抜かすな! 仕事ってものは苦しいものなんだ! ちゃらちゃらしたことやって、ちゃんと仕事しろ!」

何を話しても理解してくれるわけがないので、 私はただ黙っていまいした。

「オレの人生はオレが決めるんだ!  一度っきりの人生、オレは食うためじゃなく楽しい人生を生きるんだよ!」


心の中でこう叫びました。

上京してから今までずっと 親父に対して叫び続けてきましたが、 結局何も成し遂げられていないことに改めて気づきました。

そのとき30歳。初めて見直すことを考えました。

「今までロックにかけてきた情熱を仕事に向けてみよう」

そのときから、ギターを弾くことを封印しました。 バンド活動の一切を止めました。

それから12年経ったときです。


あるセミナー後の飲み会で、「経営戦略考」の森さんや「21時から倶楽部」新間さんから「ロックバンドをやろうよ」と誘われました。

「遊びでちょっとやってみるのもいいかも」

私はその話に乗りました。


押入れの奥にしまっていたギターを引き出しました。 錆びてボロボロの弦を新しいものに張替え 12年ぶりに練習スタジオに入ってギターを引いたとき
「おぉーーー!!!やっぱりバンドは最高だ!!!」
とこみ上げてくるものがありました。

しかし、2回目の練習スタジオに入ったとき、 その感動は消えていました。
そんな自分に驚きました。
「えぇ!?どうして??」
練習スタジオの帰りの電車の中、 なぜ感動が消えたのか、その理由を考えたのですが 答えは見つかりません。


それから何日か経ったある日、会社に向かう車の中で この理由がわかりました。

「バンドが大好きだったのは、このワケがあったからだったんだ!」

それがわかったとき、鳥肌が立ちました。
そして最高の気持ちになりました。

「今のオレでいいだん!このままでいいんだ!!」

自分のやっていることに確信が持てるようになり、 どんどん積極的に行動できるようになりました。

私が今の自分を「みとめ」ることができた「このワケ」を12月5日(土)語らせていただきます!

 


 行動できる自分になるための仕掛けとは?

「2人の話が聴けることはわかりました。しかし、それがなぜ行動できる自分になれるの?」

実は、「みとめる勉強会」には、ある仕掛けが施してあるんです。

それは、あなたが行動できる自分になるための仕掛けです。
 
参加いただいたあなたには、行動を変える「みとめ」ポイントのつかみ方を
あなたの心の奥底まで浸透するよう、ゲストと私の話とあなたをリンクするある仕掛けを施してあるんです。

これは勉強会に参加しての、お楽しみです(^^)

でも、ひとつだけ明かしましょう。

そのある仕掛けとは「楽しさ」です。

すべてが上手くいきだし、それが継続する最大の方法は、気負いも焦りもない、
楽しい状態にあるときです。

自分をそんな「楽しさ」状態に意図的させてしまう方法も、あなたの手に入れることができます。


 

5つの元気エネルギーをプレゼント!

参加いただいたあなには素晴らしいプレゼントを用意しています。

あなた自身が気づいていない、あなたの素晴らしい部分を発見する
5つの元気エネルギーをもってかえっていただきます!

エネルギーといっても、形のないものではなくちゃんと形のあって
いつまでも大切に取っておけるものです。

きっとの5つのものは、あなたにとって一生の宝物となるでしょう!

このような仕掛けの数々で、あなたに「みとめ」意識が浸透してしまえば、
確実に習慣化することができます。

今回の定員も、21人と少人数です。


あなたの行動を変える「みとめ」ポイントのつかみ方を
手に入れたい方は↓




みとめる会
代表 木戸一敏

 このセミナーは終了しました。




「みとめる勉強会」に参加することに不安をもっているあなたへ

「自分が参加すると浮いてしまうのでは…」
「参加目的を明確にしないといけないのでは…」
「経営者でなくても参加できるのか?」

先日の「みとめる勉強会」で、このような不安を持っている人が多いことに気づきました。

ご安心ください。

こう思っているのは、実はあなただけではなく参加しようと考えている
ほぼ全員が思っていること。あなただけではないんです。みんな同じ気持ちです。

確かに初めて会う人が多かったりすると、いろいろ不安はあるものです。

私もあまり交流のない人のパーティに参加するのは、不安な気持ちで一杯になります。

私自身がそうなので「みとめる勉強会」は、
だれもが楽しめるようにすることを一番に心がけた勉強会です。

論より証拠、実際に初めて「みとめる勉強会」に参加した方の、感想をお聞きください。

 

今日、初めて参加しましたが、参加する直前まで考えいたのは、
参加される他の方は「何を学びに来るのか」や
「どのようなことを改善したいのか」などを明確にされているのでは…
漠然とした悩みの自分は、浮いてしまうのではという恐怖感がありました。

ですが、参加してみるとそのような敷居の高い場所ではなく、
“ほゎ〜ん”とした風紀に包まれた場所でした。

トシ

 

トシさん!ありがとうございます!! 

トシさんだけでなく参加いただいたみなさんに
「ほゎ〜んした雰囲気だ」「温かい感じがした」「途中からみんなが笑顔になっていた」など
「最初に持っていた不安は何もなかった」と言っていただいています。

勇気が必要なのは、「みとめる勉強会」の参加申込みボタンを
カチッとクリックするこの最初の一歩だけ

ここさえ勇気を出していただければ、
あとは何も心配することありませんのでどうぞお気軽に参加ください(^^








このセミナーは終了しました。





考えすぎて動けない人が即行動する「自分になる」技術














▼日時:12月5日(土)
 受付:13:30 
 開演:14:00 
 終了:16:30 
▼場所:東京 江東区
▼参加費:3千円(当日払い)
▼定員:18名

 

 

PageTop




HOME -みとめの3原則とは? - 実践報告 - メールセミナー - 教材 - みとめ方研究所

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。